参加お申し込み お問い合わせ

研修機会の提供

Training

mincの活動

研修機会の提供

ネットワーク参加団体を対象に、海外ルーツの青少年支援に関する研修機会を提供します。オンラインや集合形式で学ぶ「座学研修」と、実際の海外ルーツ青少年支援現場で学ぶ「実務研修」の両面から、公益活動団体の多文化対応ノウハウ獲得を支援します。

座学研修

ネットワーク参加団体職員または参加を希望する団体職員が、集合またはオンラインで参加できる研修です。(2020年度2回、21年・22年度3回予定)
海外ルーツの子ども支援の場には特有の悩みや課題が存在します。

海外ルーツの子ども支援現場には特有の悩みや課題が存在します。

現場での課題

海外ルーツの子どもが支援の場に。子どもは日本語を話すけど、外国人保護者には日本語が通じない・・・どうしたらいい!?

新しく入ったボランティアの人たちに、海外ルーツの青少年支援で気を付けるべきポイントを理解してほしい。

運営上の課題

日本人の利用者と日本語がわからない海外ルーツの利用者。同じ場で過ごすために気を付けるべきポイントは?

海外ルーツの方々にも支援を利用してほしい。当事者とつながるためにはどのような工夫が必要?

mincでは、このような現場の悩みや、運営における課題の解決に役立つ様々な研修機会を提供します。

研修内容の例

  • ・海外にルーツを持つ子ども・若者支援で気を付けるべきポイント
  • ・子ども・若者支援者が知っておくべき在留資格の基本
  • ・日本語が通じない外国人保護者とのコミュニケーション術
  • ・日本語を母語としない子どもの学習支援での工夫、等

ネットワーク参加団体へのアンケートやニーズにより、「今必要なこと」を学べる機会を提供していきます。
こんな研修を実施してほしい!というご意見があればお気軽にお知らせください。

実務研修

ネットワーク参加団体のうち一定の要件に合意する団体の職員が、海外にルーツを持つ青少年を支援する「YSCグローバル・スクール」の現場へ出向き、数日間、一員として実務を通して支援ノウハウを獲得します。

※新型コロナの影響により、職員の方の物理的な移動が困難な場合は、オンラインでの実務研修実施についても検討が可能です。ご相談ください。

団体に合わせた期間・形態で
実施できます

各団体に合った期間・形態で、職員の方がYSCグローバル・スクール(東京都福生市および足立区)に出向。実際の支援活動に加わっていただきながら、OJTを行います。
*5日、12日、16日間を基本に短期集中、週2回等団体希望等と調整が可能です。

交通費、宿泊費等の
負担はありません

実務研修は「多文化対応推進支援」と組み合わせて実施した場合に業務委託契約締結可能となり、公益活動団体は交通費、宿泊費等の資金的な負担なく実施が可能です。(詳細はお問い合わせください)  

研修内容の例

  • 海外にルーツを持つ子どもに対する学習支援
    (集団・個別/オンライン)
  • 外国人保護者や日本語がわからない子ども・若者とのコミュニケーション
  • 日本語を母語としない利用者を想定した情報提供
    (掲示物やSNSでの連絡など)
  • 海外ルーツ青少年・家庭に対するアウトリーチ支援およびインテーク実践、等

研修にかかる費用について

実務研修終了後に貴団体内で「海外ルーツ青少年・家庭受け入れ体制の推進」(多文化対応の推進)を着実に実施してゆく場合に、minc(青少年自立援助センター)と団体との間で協力連携関係を構築。多文化対応の推進に対する貴団体の協力」に対し、協力費をお支払いいたします。公益活動団体は交通費、宿泊費等の資金的な負担なく実施が可能です。(詳細はお問い合わせください)

実務研修までの流れ(イメージ)

実務研修終了後に貴団体内で「海外ルーツ青少年・家庭受け入れ体制の推進」(多文化対応の推進)を着実に実施してゆく場合に、minc(青少年自立援助センター)と団体との間で協力連携関係を構築。多文化対応の推進に対する貴団体の協力」に対し、協力費をお支払いいたします。公益活動団体は交通費、宿泊費等の資金的な負担なく実施が可能です。(詳細はお問い合わせください)

STEP01
ヒアリング

minc担当者より団体さまの
ニーズをお聞きします。

必要に応じてYSCグローバル・スクール見学(オンライン見学対応可能です。)

STEP02
打ち合わせ

研修実施時期や内容について
打ち合わせを行います。

STEP03
実務研修への
職員の派遣

実務研修期間中に、団体内における「多文化対応推進プラン」を策定していただきます。

STEP04
受け入れ体制構築

実務研修終了後、多文化対応推進支援に基づいた
受け入れ体制を構築

必要に応じて、minc職員が伴走支援/協働支援を行います。

実務研修のイメージ

実務研修終了後に貴団体内で「海外ルーツ青少年・家庭受け入れ体制の推進」(多文化対応の推進)を着実に実施していく場合に、minc(青少年自立援助センター)と団体との間で協力連携関係を構築。多文化対応の推進に対する貴団体の協力」に対し、協力費をお支払いいたします。公益活動団体は交通費、宿泊費等の資金的な負担なく実施が可能です。(詳細はお問い合わせください)

午前午後
1日目 ・研修についての案内
・海外ルーツの子どもたちの紹介
・子どもたちの学習の様子を見学
・外国人保護者へのSNSでの連絡研修と実践
・日本語を母語としない家庭に対する文書作成研修と実践
2日目 ・海外ルーツの子どもたちに対する学習支援手法について研修と実践準備(授業計画) ・学習支援にアシスタントとして参加
3日目 ・学習支援実践準備 ・日本語を母語としない家庭に対するインテーク業務研修
・自団体の多文化対応推進プラン策定について
4日目 ・学習支援実践1
(日本語初級レベルの生徒への教科学習支援)とふりかえり
・学習支援実践2
(日本語初級レベルの生徒への教科学習支援)とふりかえり
5日目 ・外国人保護者への電話連絡研修と実践 ・研修全体の振り返りと、今後の多文化対応推進プランブラッシュアップ
6日目以降 団体に戻り、研修で得たノウハウを自団体内部で推進していきます。

これは5日間の実務研修のイメージです。期間や頻度は団体の要望に合わせて変更可能です。

mincでは、ネットワーク参加団体に
座学研修と実務研修を
提供します。
支援に必要な知識だけではなく
実務を通して
海外にルーツを持つ
子ども・若者支援への
理解を深めていただき、
多文化対応
ノウハウの獲得をサポートします。

JOIN USネットワーク参加団体を募集しています

全国どこからでも参加いただけます。
詳しい参加方法とお申し込みはこちらから。